弁護士相談は無料?

弁護士相談は無料?

管理人 No Comments

借金の返済にも、状況別に対策方法の違いがあることがわかりました。すぐに返済できる目途があり、数日返済が遅れる程度であれば、金融業者に直接相談するという方法も有効です。しかし、返済の目途が立たないほどの状況に陥りそうになったら、少しでも早く弁護士などの専門家に相談したほうがよいでしょう。

借金に関する弁護士への相談は、無料で提供されていれば無料です。その後の法律的な手続きを依頼するとなれば有料ですが、相談だけは何度でも無料という法律事務所も少なくありません。借金返済の方法は一つだけとは限りませんし、実は思っていたような窮地に陥っているわけではない場合もあります。自分が現在置かれている状況について具体的に知るためにも、法律の専門家である弁護士への相談が解決への糸口となるでしょう。

弁護士に無料相談した後の契約については、個人の自由です。他の弁護士に改めて無料相談をしてもよいですし、この弁護士に法的な手続きを依頼したいと思ったら、契約をすればよいでしょう。法的な手続きを取ってもらう際には弁護士料等がかかりますが、過払い金の返還がある場合などはその中から弁護士料が支払われることになり、新たに弁護士料を用意する必要がないこともあります。

借金返済関連の法律

管理人 No Comments

借金に関連する法律には、賃金業法があります。平成22年に改正された法律では借り入れに総量規制がかかり、消費者金融などでは借り入れの限度額が年収の3分の1までになりました。それだけでなく、利息制限法が制定され、金利の上限もできたのです。

賃金業法の改正前には、29%の金利など、出資法の上限金利を採用する金融業者も珍しくありませんでした。制度改定後には、10万円までの借入額で年利20%、10万円から100万円までの借入額で年利18%、それ以上は年利15%となったため、従来の金利より大幅に利息の支払い分が減ったことになります。これにより、法律が改定される前に高い金利で契約をしていた場合は過払い金の清算が行われることにもなりました。

借金に関する法律は、借り入れしている人に有利なものばかりではありません。利息制限法では、遅延損害金の上限金利を1.46倍まで上げることが許されています。借金の返済が遅れれば遅れるほど、法律で認められた不利な状況に陥ってしまうのです。一日返済が遅れたらいつ返しても同じなどと思わず、一日も早く返済できるように気を引き締めておくことが大切です。もちろん、遅延せずに、借金の返済日を守れることが、もっと重要です。

借金返済方法の種類

管理人 No Comments

借金には、利子が付くことがほとんどです。借金は、これから手に入れられるお金を前借りするようなものですが、返済するときには利子が付くので、そのぶん負担が多くなります。利子を含めた支払いに無理を重ねるうちに、追い詰められてしまう人は珍しくありません。借金返済に困った状態にも2種類あり、初期症状と末期症状では対策法も違ってきます。

借金返済に困ったときの初期症状では、まずお金を借りている業者に連絡をしましょう。正直に事情を話せば、返済日を融通してくれるなど、何らかの措置を取ってくれる可能性があります。ただ、金融業者は、過払い金があっても教えてはくれません。過払い金があるにもかかわらず、利子の支払いに苦しめられているとしたら、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

借金の返済に困ってくると陥りやすいのが、多重債務です。何社もの金融業者から借金をして返済に困ってしまったら、対策としては債務整理の方法があります。任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をすれば、借金の返済額が減ったり、借金がなくなったりすることすらあります。弁護士に債務整理の相談をしたら、債務整理どころか過払い分が戻ってきたというケースもあるのです。

借金返済に悩んだら

管理人 No Comments

現代生活は、何かと物が要り用です。恵まれた環境にある日本では、誘惑も多く、お金さえあれば毎日を楽しく過ごせそうな気がしてきます。そんな誘惑に身を任せて、ついつい借金を重ね、返済に追われる人が増えています。どうにもならないほど困ってしまったときに、何とか切り抜けられる対策法を知っておきましょう。

借金返済には、いくつかの方法があります。状況によっても異なり、困っている度合いが初期症状の場合には借金している金融業者に直接相談してみる方法もあります。さらに困ってしまった状況の場合には、弁護士に相談をする手があります。借金に関連する法律に照らして、無料相談に乗っている弁護士はたくさんいます。債務整理が必要になる場合をはじめ、実は過払い金を請求できるという状況の場合もありますから、専門家に相談してみるのが一番です。

借金に関連する法律では、平成22年に改定された賃金業法に注目したいところです。借金の上限や利息の上限がそれ以前とは変わったことにより、法外な利息を支払っていた人は過払い金の請求ができるようになったのです。ただし、金融業者にも遅延損害金を高く請求できる法律が制定されていますから、借金についての法律を把握し、返済に遅れないようにすることが大切です。

借金返済についての弁護士への無料相談が、本当に無料なのかと心配している方もいるかもしれません。法的な手続きを依頼する際には有料になりますが、相談だけは無料としている弁護士が増えています。借金の返済で最善なのはどの方法なのかを相談できるだけでも、弁護士に尋ねてみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

カレンダー

2017年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    アーカイブ