借金には、利子が付くことがほとんどです。借金は、これから手に入れられるお金を前借りするようなものですが、返済するときには利子が付くので、そのぶん負担が多くなります。利子を含めた支払いに無理を重ねるうちに、追い詰められてしまう人は珍しくありません。借金返済に困った状態にも2種類あり、初期症状と末期症状では対策法も違ってきます。

借金返済に困ったときの初期症状では、まずお金を借りている業者に連絡をしましょう。正直に事情を話せば、返済日を融通してくれるなど、何らかの措置を取ってくれる可能性があります。ただ、金融業者は、過払い金があっても教えてはくれません。過払い金があるにもかかわらず、利子の支払いに苦しめられているとしたら、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

借金の返済に困ってくると陥りやすいのが、多重債務です。何社もの金融業者から借金をして返済に困ってしまったら、対策としては債務整理の方法があります。任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をすれば、借金の返済額が減ったり、借金がなくなったりすることすらあります。弁護士に債務整理の相談をしたら、債務整理どころか過払い分が戻ってきたというケースもあるのです。

Comments are closed.

カレンダー

2017年3月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    アーカイブ