Menu

借金返済関連の法律

0 Comment

借金に関連する法律には、賃金業法があります。平成22年に改正された法律では借り入れに総量規制がかかり、消費者金融などでは借り入れの限度額が年収の3分の1までになりました。それだけでなく、利息制限法が制定され、金利の上限もできたのです。

賃金業法の改正前には、29%の金利など、出資法の上限金利を採用する金融業者も珍しくありませんでした。制度改定後には、10万円までの借入額で年利20%、10万円から100万円までの借入額で年利18%、それ以上は年利15%となったため、従来の金利より大幅に利息の支払い分が減ったことになります。これにより、法律が改定される前に高い金利で契約をしていた場合は過払い金の清算が行われることにもなりました。

借金に関する法律は、借り入れしている人に有利なものばかりではありません。利息制限法では、遅延損害金の上限金利を1.46倍まで上げることが許されています。借金の返済が遅れれば遅れるほど、法律で認められた不利な状況に陥ってしまうのです。一日返済が遅れたらいつ返しても同じなどと思わず、一日も早く返済できるように気を引き締めておくことが大切です。もちろん、遅延せずに、借金の返済日を守れることが、もっと重要です。